再生修理



普段の仕事内容からは少しイレギュラーな椅子の再生修理。

本革の座面は表面が割れ、いたるところに破れ・綻びが出てきていたので

傷がつかないよう丁寧に背当たり座面の革をはがしたのち新たな下地を作り

新たに選択した生地を椅子張り屋さんに張ってもらった。


そして長年の使用で傷が付いたフレームはしっかりと研磨し再塗装、

ブラウンサンバーストだったフレームはマットな黒色となりグッと引き締まった表情に変化した。


いつも新しい家具を作り出す立場にいる自分だけれど

こうして時代の違う物作りに触れるのはとても勉強になる。


 
  • 2015.08.26 Wednesday
  • other
  • -
  • -

Top